FC2ブログ

花冷えで惨敗

先週は風邪で寝込んでいたので、今日は早朝から多摩川に繰り出しました。
花冷えと言うのか桜は満開ですが、どんよりとした曇り空でかなりの寒さに震えてしまいました。家を出る時は厚着していたので地元では暑いくらいでしたが、河原は冬の寒さです。
マルタの遡上はぼちぼち有りますが、肝心の瀬付きは無いので対岸のマルタ狙いの方は苦戦されている様でした。トロ場にはそれこそ沢山の待機マルタ達がひしめき合っていましたが、彼らはなかなか口を使わないので、試しに狙って見ても反応は有りませんでした。
あの待機マルタの数からすると、一雨来て底石が洗われると物凄い事になりそうですね。
 
トップもシンキングも反応は有りません。トロ場の鯉達が水面の泡をパクパクして吸い込んでいるのでミニポッパーで狙って見ましたが、活性がいまいちなのかヒットするまで行きません。この辺りの鯉はフライマンに常に狙われているのでかなりスレているのかもしれませんね。
昼前位になるとかなりのマルタ狙いの釣り人が訪れて来ました。下流に移動して魚っ気のない浅瀬にミニポッパーを流したら追ってくる鯉の頭が見えました。合わせ損ねて逃げられました、その後は全く反応は有りませんでした。
更に下流は人気が多すぎますので、ここまでとして上がりました。
スポンサーサイト

増水の多摩川にて

豪雨の影響で2m以上の増水でしたが、何とか40cm増位まで減水したので多摩川に出掛けて見ました。
 
この場所は良く拝見しているブログに紹介されている所で、鯉が沢山居るポイントです。冬の定番ポイントで良く出掛けていた大丸堰下は、SMBで超有名になってしまい以前の様にのんびりと鯉釣りを楽しむことが出来なくなってしまいまいました。なにせ釣れるポイントは非常に狭いので、3人入ればラッシュアワー見たいになってしまいます。
 
前回の下見では、パンプカで70cm程の鯉を1本、スイミングワームで30cm程のSMBを1本でした。鯉達はパンプカでかなり鍛錬されている様で、私のルアーには反応がかなり渋く直ぐに見切られてしまいました。
今回は増水のため、本流は流れが速くて釣りにならないので、流れが穏やかな支流を狙って見ました。人気が無いのを幸いに、浅瀬に静かに近寄りトップを投入するとやる気のある鯉が直ぐに追い掛けて来てヒットしました。
所が、何とした事かリールが全然巻けないのです。バーブレスフックなので、ラインが緩むと鯉は直ぐにバレてしまいました。何と、河原に置いたときにスピニングリールのローターカップ部分に、小石が詰まったのが原因でした。こんな事は初めてですね。
 
浅瀬の鯉は警戒してしまい渋くなり、反応が無くなって、最後には散ってしまったので、トロ場の鯉達を狙う事にしました。
こちらも初めは反応が良かったのですが、直ぐに見切られてしまったので、チャミングして活性を上げて狙う事にしました。チャミングはしますが、バイトさせるのはあくまでもトップルアーのみです。
 
程なくして、60cm程の鯉を1本キャッチしました。ルアーは、ボール型の鯉用トップです。このルアーは作るのは非常に簡単ですが、良い反応が得られる面白いルアーです。
何とか、あと65cm程と70cm程の鯉を追加しました。
反応が出る場所がどんどん遠くになってしまったので、今日はこの辺で上りとしました。

残雪の多摩川は寒いです

1か月の海外出張から帰って来て、久しぶりの多摩川です。
先日の雪がまだかなり残って居て、冷たい風が吹く早朝の河原はまだ誰も居ませんでした。
静かなので鯉が一杯泳いでいるのと、鳥が沢山くつろいでいました。
冬場の定番ルアー、自作品の小型ブラックポッパーを流すと反応は結構ありますが乗りませんね。
 
私の気配を感じたのか、徐々に鯉達は近くを離れて行き、気が付くと近くには何もいなくなっていました。そうなんですよね、鯉は警戒心が強いのですが、人の気配を察しても一度に居なくならなくて徐々にフェイドアウトしていくんですね。
鳥の鷺なんかの大型の鳥も人の近くには寄らなくなるけれど、鴨は割と平気でのんびりしていますね。なので鴨はルアーに引っかかったりするので気を付けないといけません。
2人のバサーが来られて、いずれにしてもポイントは決まっているので並んで釣り始めましたが、近くの鯉は全く反応が無くなりました。警戒心が強いのでトップの場合難しいです。
 
人気から遠くの流れの中を攻めて、何とか1本ヒットに持ち込めました。55cm程の若い鯉は、元気一杯ですね。
暫く休ませてから、同サイズを再度1本追加です。元気すぎて、何度もジャンプしてまるで鯉では無いみたいでした。
時間帯を外れると全く当たりが無くなるので、寒さに耐えられなくなり、今日は上りとしました。

道が凍る寒さです

寒さが厳しくなってきたので、冬場の定番ポイントである排水溝下流に行って来ました。ここは人気のポイントなので、バサーの人達が暗い内から大勢で来られていつも入る場所がない状態が続いて居ます。
しかし今日は一番ポイントが空いていたのと、人気も少なくて静かな状態でした。
早朝は寒くて道が凍ってましたから、鯉の活性も低くて反応はかなり悪い状態が続きました。日が当たって暖かくなってからはやっと反応が良くなって来て、何とかヒットに持ち込めました。
60~65cmクラスの鯉を5本ゲットすることが出来ました。途中70cmクラスがヒットしましたが、掛かりが浅くてフックを延ばされてしまいました。ヒットルアーは自作の小型ブラックポッパーです。
5本目を釣り上げた所で昼に近くなり、反応が無くなりましたので上りとしました。

混雑してました

今日は大丸に出掛けましたが、人が多すぎてポイントはすべて埋まっています。隙間に入って見ましたが、ポツポツ当たりはあるものの乗りません。まだ早いので、ボート場前まで移動して見ましたが、魚が居なくなってしまったのか全く反応が有りません。
まだましな大丸に戻って見ると更に人が増えていて場所が有りませんね。足場の悪い、人気のない場所で30m位流すと何とか反応が有りました。鯉は警戒心が強いので人気は禁物です。
粘っていると何とか乗ってくれました。60cm位の元気な鯉です。何といっても底が見えるほどの浅場ですので、後は散ってしまいました。

プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。
最近では、鯉を自作トップルアーで釣る事に拘って多摩川を徘徊しています。

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索