スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小雨決行

小雨が降ったり止んだりの生憎の天気なんですが、暫く来れなくなるので強行に出掛けて来ました。
例年最後までトップでカープが狙えるGポイントですが、この寒さで反応は如何なものでしょうか?

瀬の中に小型の鯉が泳いでいるのが見えますが、彼らの反応は余り良くありません。
ニアピコで多少の反応は有りますが、キチンと乗ってはくれません。
イレギュラーアクションのLDSを参考に、鯉用に自作したルアーを投入しジャークを繰り返します。
程なくして水中でガツンとヒット、鯉系では無い感じで数メートルまで寄せて来ました。姿が見えるとやけに頭が大きな感じなので鮟鱇鯰なのでしょうか、結構大きいのですがバラシてしまいました。
フックが伸びています。これは口が堅いんだから、大型の鯰だったのでしょう。

20141101-3

ここで前にもお会いしたバサーの方が見えました。お話してみると、このブログの読者の方と解りました、いつも有難うございます。暫しお話ししてから、回遊が始まった様ですので再び狙います。
やはり今日はニアピコは反応が弱いですね。LDSもどきを使い流心際の駆け上がりに沿って流して小刻みに誘うと、ようやく派手に出て乗ってくれました。70cm程の綺麗な鯉でした。お腹のなかは鮎で一杯(たぶん)。

20141101-2

今年最後になるかもしれない釣行で、満足の行く結果が出せて良かったです。
気になるワンドの様子を見に行くと、数回アタックは有りましたが乗せる事は出来ませんでした。
急に、雨足が激しくなってきたので今日は上りとしました。
スポンサーサイト

秋の空

深まる秋ですが、鮎漁が終了した多摩川はまた静けさを取り戻しました。
今朝は寒いので着込んできても足元から冷え込んで来ます。しかし空は青く澄んで気分はとても爽快です。
20141025-2

いつものGポイントに珍しく先行者の姿が有りましたが、かなり離れた上流側に入りキャスト開始。
程なくして浅瀬で鯉がヒットしましたが、ラインにキズが入っていたようで合わせ切れしてしまいました。

先行者の方が移動されたので、一番ポイントに入り別のニアピコ(ピコモドキ)をキャストするとやっと75cm程の鯉をゲットしました。

20141025-1

全体が浅瀬の為に鯉が回遊してくるタイミングが有り、過ぎると全く姿が見えなくなります。秋の空の様に気まぐれですね。
結構粘りましたが、何回も派手に出てもヒットが取れずで、日差しが強くなり汗だくになりましたので今日は上りとしました。

トップシーズン終了か?

3m近い増水の後で、まだ40cm位は水位が高いので鯉を狙うのは厳しいですが、Gポイントにやって来ました。
釣れないとの情報が伝わっているのか、いつもバサーの方達で一杯の対岸も人影はまばらです。

20141011-2

鯉の姿がまるで見えないしライズも無しと厳しい状況で、何とか数回チェイスが有ったのみでした。増水の後はどうも駄目ですね。
流心で何かがヒットしました。軽いので似鯉かと思ったんですが、寄せて来ると何とマルタウグイでした。遡上には早すぎるので居残り組なんでしょう、婚姻色も無い地味な姿の45cm位でしょうか。
ヒットルアーはピコタイプです。このルアーは作り方によって、意図的に動きを変えられるので何処でも何でもと言った感じですね。

20141011-1

次の台風でまた増水すると、また当分は難しい状況になってしまいます。
この後、場所をワンドに変えて小型ポッパーを使ったら鯉の当たりが有りましたから、そろそろ冬場のパターンになってしまいそうです。
次回は場所選びが難しいですね。

寒い、寒い

今朝の多摩川は、涼しいというよりも寒いです。もう少し厚着をしてくれば良かったと後悔しました。

20140927-3

Gポイントは鮎釣りが盛んです。鮎は盛んに跳ねまわって居ますが、鯉の姿は沈んでしまって見えません。以前と違い、今年は延々と浅場が続く場所になってしまいましたので厳しい感じです。

出張先で一個産出しましたが、まだ残っている結石の痛みに耐えながらですので、なにぶん集中力に欠けますが丹念に浅場を探って行きます。
いつもの狙い目では反応が有りません。対岸は人気が多いので、こちら岸近くの浅場を丁寧に引いていると不意に水紋が起こりました。
ガツンと乗って良い感じの引き具合で上がって来たのは、86cmの頭の丸い鯉でした。大暴れして大変でしたが、何とか採寸してご帰還頂きました。

20140927-1

ルアーはいつもの自作ピコタイプです。適当な作りなのですぐボロボロになってしまいますが、反応は抜群ですね。シンプルな作りですが、前後どちらから水圧を受けても動くので、ナチュラルドリフトでも軽快に動き回ります。

20140927-2

時間が過ぎると、対岸は更に団体で賑やかになって来ました。
日差しが強くなり暖かくなると反応はポツポツ出て来ましたが、なかなか乗りません。
下流側の静かな場所を流しながらアクションを与えていると、大きな渦が起こりやっと乗りました。
これも80cmオーバーの良いサイズで更に大暴れ。直ぐにリリースしました。

20140927-4

2本で十分堪能したので、今日はこれで上りとしました。

久し振りに釣りましたね

隣国の大きな人造湖(筼筜湖)は、魚の宝庫で釣り人で賑わっていました。

20140913-1

長さ約4km、幅約1kmの汽水の人造湖です。この近辺は観光地なので綺麗に整備清掃されていて、良く紹介されているイメージとは大分違います。公衆トイレも管理人が居て綺麗ですよ。
ティラピアが最盛期なので皆さん狙ってますが、殆どの人は5~10cm位のチビちゃんばかりです。一人だけ25cm以上の大きいのを釣っている名人が居たので、頼んで写真を撮らせて頂きました。

20140913-2
20140913-3

日本でもイズミダイと称して、タイの代用に使われていたほど美味しいとの事ですので皆さん食用にされるんでしょうね。ルアー対象魚で50~80cm位まで成長するとの事ですから今度狙って見ましょうか。

さて昨夜は深夜に帰宅だったので、今日は昼近くからの出撃です。
師匠からBポイント付近で鯉が沢山居るとの情報を頂いていたので、迷わずBポイントに直行です。
この場所も出水の度に状況が変わるので、来るのは久し振りですが今回は良い感じに変わっていました。

20140913-5

上流側は鮎師の方が数名釣られてますが、こちらも瀬を狙って見ますが泳いでいる鯉の姿が見えません。
しかし静かにしていると、流すルアーに反応が出て来ました。でも寸前に見切ったり、銜えて潜ってもフッキングしません。
ダーターミノーに変えてガンガン瀬の弛みを狙って泳がせると不意にルアーが見えなくなりました。合わせるとかなり良い感じの引きです。走る走る、こうでなくてはねと言ったロッドの絞り加減。
80cm弱位ですが、見事な鯉です。

20140913-4

ダーターミノーはボラカラーでしたが、今度はいつものピコもどきに飛び付いて来ました。
65cm位の丸々と太い鯉ですが、下顎が欠損している個体でした。
ここの鯉は取り込むと大暴れしますので、ご帰還時の後ろ姿を撮影しました。

20140913-6

その後何度か突然飛び付いたり、近づいて来て何度も突いたりしてましたが、バッタリと反応が無くなったので今日は上りとしました。

プロフィール

マルタウグイ

Author:マルタウグイ
マルタウグイです。
春に多摩川を大群で遡上するマルタウグイに魅せられてから、いつしか自分までマルタウグイになって----。
でも本当は、体型がマルタみたいだからと言われています。

最近の記事

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。